Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)を購入&徹底レビュー。テレビの大画面でアプリを楽しめる

スマホやタブレットがあれば、最近はいつでもどこでも動画が観れるようになりました。

家事の合間や通勤時間などのちょっとした時間に気軽に楽しめるし、ついついずっと観てしまうんですが…スマホで観る動画は画面がちょっと小さいのが悩みの種。観れるのが自分一人なのも寂しいです。

でも、Chromecastがあればテレビの大画面で動画を観ることができますよ。
操作をスマホで行うので、誰でも簡単に使えます。

chromecast-chromecastultra

ChromecastにはブルーレイやBS放送の4倍キレイな超高画質(4K・HDR)に対応している「Chromecast Ultra」と、地デジやBS放送相当の高画質(HD)まで対応している「Chromecast(第2世代)」があります。

この記事では、総称としてChromecast、4K画質対応をChromecast Ultra、HD画質対応をChromecast(第2世代)としてレビューしていきます。

  1. Chromecastとは
  2. Chromecastの初期設定
  3. Chromecast対応アプリを使ってみた
  4. Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)の性能・使い勝手を比較
  5. Chromecastでよくあるトラブル・気になった点
  6. Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)が必要な人・必要でない人
  7. Chromecastの価格・購入方法

Chromecastとは

Chromecastはテレビにつないで使う動画中継機です。
スマホやタブレットにダウンロードしたChromecast対応アプリから、Chromecastを通してテレビの大画面で動画・写真・WEBサイトを見たり、音楽を聴いたりできます。

Chromecastの無料でできること・有料でできること

Chromecastでは、3種類のアプリを使い下記の表のことができます。

Chromecast対応アプリの種類

  • ダウンロード・使用が無料(Abema TV・Spotify・チェスなど)
  • ダウンロード無料会員登録(有料)(Hulu・DAZN・Google Play Musicなど)
  • ダウンロード有料(ファイナルファンタジー・FileBrowserなど)

Fire TVでできることは、下記の表の通りです。

必要になるFire TVのアプリ・機能・デバイス
ドラマ・映画・アニメなどを観る 無料 YouTube・Abema TV…など
無料会員登録(有料) Hulu・Netflix…など
スポーツ中継を観る 無料 Red Bull. TV(有料プラン有)…など
無料会員登録(有料) DAZN・JSPORTS・MLB At Bat…など
他の動画を観る 無料 TED・Twitch…など
写真を見る 無料 Google Photo(有料プラン有)・Photo Cast for Chromecast…など
音楽・ネットラジオを聴く 無料 Google Play Music・AWA・Spotify・TuneIn Radio…など(有料プラン有)
WEBサイトを見る 無料 Google Home・Google chrome
ゲームをする 無料 チェス・Angry Birds Go!・FitFlap Motion…など
有料 ファイナルファンタジー…など
スマホ・PCの画面を映す 無料 Google Home・Google chrome(拡張機能…など
有料 Air Receiver…など
ホームシアターを作る プロジェクター

Chromecastの仕組み

Chromecastはキャストを行うデバイスです。

キャストとはインターネットに接続しながら音声や動画などのデータをChromecastに転送して、テレビの画面などに出力しながら再生することです。

動画のようなサイズの大きいファイルをダウンロードしながら同時再生することをストリーミングといい、キャストもストリーミングで再生するのが基本的な仕組みになっています。

chromecast-仕組み

キャストを行う時、スマホなどにダウンロードしたアプリでChromecastを操作します。
アプリとChromecastとのデータのやり取りはWi-Fi回線を通じて行っています。

Chromecastを操作する流れ

@Chromecastをテレビに接続

AChromecastをスマホと同じWi-Fi回線に接続

BスマホのChromecast対応アプリ(例:Huluのアプリ)を起動して、キャストアイコンをタップする

CWi-Fi回線を通してChromecastがアプリをテレビにキャストする

Dスマホのアプリでテレビにキャストした画面を操作できるようになる

Chromecastを操作中のスマホは、リモコンのような役割になります。
操作中に電話をかけたり、WEBサイトを見たりするなどの他の操作をしても大丈夫です。

例えば、Chromecastで映画をテレビに表示させながら、そのレビューをWEBサイトに書き込んだとしても、映画の再生が止まったり画面にWEBサイトが映りこむことはありません。

Chromecastとスマートスピーカー・Google Homeを同期させると声で動画を検索できる

chromecast-Googlehome

Chromecastは、スマートスピーカー・Google Homeを同期させると音声認識の機能がつきます。

スマートスピーカー:Google Home・Google Home Mini

動画の検索・早送りや一時停止や次の動画に飛ぶなどの操作・Chromecastが接続されているテレビのオン・オフができる。

(例)「Youtubeで猫の動画を再生して」や「Netflixでウォーキングデッドを再生して」でOK

* Google Homeの方がGoogle Home Miniより音質が良い

Chromecastの初期設定

Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)は接続方法が同じです。2種類とも一緒にレビューしていきます。
今回はテレビにつないで、スマホで設定していく手順をレビューします。

Chromecastに必要なもの

  • HDMI端子付きテレビ
  • Wi-Fi環境と通信速度
  • スマホ・タブレット・PCのいずれか
  • Googleアカウント(無料)

Chromecastに必要な通信速度は、動画配信サービスごとに違います。
例えばHuluなら6Mbps以上を推奨しています。

chromecast-LAN端子

通信速度が安定しない時、Chromecast Ultraなら有線LAN接続ができます。
特に4K・HDR画質を観るためには25Mbpsの通信速度が必要なので、有線LANがおすすめです。
(Chromecast(第2世代)は有線LANに対応していません)

Chromecastの大きさと見た目

chromecast-ultra内容物の比較
Chromecast Ultra Chromecast
重量 本体:47g
アダプター:101g
デバイス:39.1g
サイズ 本体: 58.20 x 58.20 x 13.70 mm
電源ケーブル: 2 m
デバイス: 51.9 x 51.9 x 13.49 mm
電源ケーブル: 1.75 m

パーツはどれも軽くて持ちやすいので、「たくさん撮った子どもの写真を実家の両親に見せたい」なんて思った時に持ち歩くのも便利だし、簡単にテレビに接続することができます。

Chromecastをテレビに接続してみた

Chromecast本体のHDMIケーブルをテレビのHDMI端子に挿しこむ

chromecast-hdml端子

HDMI端子はテレビの裏か側面にあります。当サイトの場合は裏面でした。
ここにChromecast本体のHDMIケーブルを挿します。

chromecast-hdml端子接続

次に、Chromecast本体とACアダプタをつなぎます。
最後にACアダプタをコンセントにつなぐと、Chromecastの電源が入った状態になります。

【テレビの入力切替ボタンを選ぶ】
chromecast-入力切替

テレビをつけたら、入力切替でChromecastが接続されているHDMI入力を選択します。
HDMI1にChromecastを挿したなら入力1。HDMI3に挿した場合は入力3を選択しましょう。

Chromecastをプロジェクターにつないでホームシアターを楽しもう
chromecast-プロジェクター

テレビではなくHDMI端子があるプロジェクターにつなげば、さらに大画面で動画を楽しめます。まるで自宅に映画館があるようですね。

Chromecastを設定してみた

chromecast-接続完了画面

Chromecastをテレビにつないだ後「ようこそ」と表示されれば、テレビへの接続は終了です。

次は、セットアップに使う「Google Home」をChromecastを操作したいスマホなどにダウンロードして、初期設定を進めていきます。

アプリ「Google Home」とは
chromecast-アプリダウンロード

Google Homeとは、Chromecastのセットアップや全体の設定を変える時に使うアプリです。

Google Homeでできること
  • Chromecastのセットアップ
  • ゲストモード(後述)をオン・オフにする
  • Chromecastをつないだテレビに表示されるスクリーンセイバーを変更する
  • Android画面全体をテレビ画面に映す(キャストする)
  • スマートスピーカー・Google Homeと同期させる
    …などなど。

Google HomeはChromecast対応端末にダウンロードして使います。

Chromecast対応端末
スマートフォン・タブレット(Android 4.1 以降)
iPhone・iPad(iOS 8.0 以降)
PC(Mac OS X 10.9 以降・Windows 7 以降・Chromebook)

Google Homeは下記サイトから無料で入手できます。

Google Homeをダウンロード

今回はスマホの場合を例にレビューするので、Googleストアで「Google Home」をダウンロードしました。

アプリGoogle Homeを起動してクロームキャスト本体をセットアップ

Google Homeを起動したら、テレビに表示される指示に従って設定を進めていきます。

@Google Homeを起動して「セットアップ」をタップする
chromecast-googlehomeセットアップ@

Aセットアップしますか?と表示されたら「はい」をタップ
chromecast-googlehomeセットアップA

Bテレビに表示されたコードを確認して「はい」をタップ
chromecast-googlehomeセットアップB

C任意の「名前」と「Wi-fiネットワーク」を選択して「次へ」をタップ
chromecast-googlehomeセットアップC

D内容を確認して「続行」をタップすると、セットアップ完了
chromecast-googlehomeセットアップD

ここまでできたら、初期設定は終了です。

ゲストモードをオンにすれば来客もChromecastを使える

Google Homeでゲストモードをオンにすると、ChromecastにつながっているWi-Fiに接続していないスマホでも、Chromecastを使えるようになります。
ゲストモードで使用できる機種はAndroidのスマホ・タブレットのみで、iPhoneやPadは対応していません。

chromecast-ゲストモード

ゲストモードを使いたいスマホ・タブレットが、Chromecastの近くでChromecast対応アプリを開くと、キャストアイコンが自動的に表示されています。

ゲストモードをオンにするとPIN番号が自動的に発信されます。接続できない時は、4ケタのPIN番号を入力しましょう。

自分以外のスマホでも操作できるようになると、友達と好きな動画や写真をテレビなどの大画面で共有したりと楽しみ方も広がります。

Chromecast対応アプリを使ってみた

Chromecastに対応した有料・無料アプリを使えば、合わせて最高20万本以上のテレビ番組や、3,000万曲もの音楽などをキャストできます。

Chromecast対応アプリのダウンロード方法&使い方(Android端末・iOS共通)

Chromecast対応アプリはGoogle公式サイトからダウンロードできます。

ダウンロードしたアプリを起動して「キャストアイコン」をタップすると、テレビにアプリの内容を映し出すことができます。

chromecast-Netflixアプリ
Chromecast対応アプリをテレビに映す流れ

@Chromecastがつながっているテレビの電源をオンにする

AChromecast対応アプリをスマホ・タブレット・PCで起動する

B画面右上にあるキャストアイコンをタップ

Android端末とiOS端末でのChromecast対応アプリをキャストする方法に違いはありません。
使えるChromecast対応アプリの種類は、Androidの方が多いです。

Chromecastは人気がある動画配信サービスに対応している

人気の動画配信サービスのChromecast対応アプリ

無料
YouTube・AbemaTV・GYAO!・Red Bull TV…など

有料の会員登録が必要(アプリは無料)
Hulu・Netflix・NHKWORLD・DAZN・dアニメストア・U-NEXT・ビデオマーケット・バンダイチャンネル…など

動画をキャストした後も、スマホなどから一時停止や次の作品に進むなどといった操作をできます。

Chromecastは写真やムービーを大画面に映すこともできる

人気の写真・ムービー関係のChromecast対応アプリ

無料
Google Photo・Photo Cast for Chromecast・RealTimes・写真キャスト…など

有料の会員登録が必要(アプリは無料)
Google Photo(高画質版)…など

Chromecastでキャストするとスマホなどのアプリ画面をタップするだけで大画面で写真やムービーを見れるので、イベントやお祝い事を盛り上げたい時にとても便利です。

Chromecastは大音量で音楽も聴ける

人気の音楽関係のChromecast対応アプリ

無料
Google Play Music・AWA・Spotify・TuneIn Radio…など(有料プランも有)

音楽を視聴できるアプリは手持ちのCDから取り込んだ場合や、広告付きでの再生などの場合は無料のことが多いです。

どの音楽を聴くときも、スマホで聞くよりも、テレビのスピーカーで聞いた方が大音量で迫力がありました。

Chromecastでゲームを楽しもう

Chromecast対応のゲームアプリには、テレビCMになるようなメジャーなタイトルは少ないですが、その中から自分でプレイして面白いものを探すのも楽しみのひとつになりますね。

実際にプレイした感想としては、画面が乱れたり止まったりしないしないので、快適だったなと思います。
ただスマホからの指示が画面に反映されるまで少し間があった気がします。「操作が1秒ズレただけでゲームオーバー」といった種類のゲームをするのには向かないかもしれません。
シュミレーションゲームや、のんびり操作しても問題ないゲームを楽しむには充分だと思います。

また、ファイナルファンタジーなど、コントロールに使うボタンが多いゲームは、スマホで操作するのがちょっと大変でした。
操作が複雑なゲームも楽しみたい人には、Bluetooth対応のゲームパッドをつなげるのがオススメです。

Cast Bowling
chromecast-ボーリング

Chromecast対応のゲームをキャストするとテレビにはゲーム画面が、スマホにはコントロール画面だけが表示されるので、操作しやすいです。

Chromecastでスマホ・タブレット・PC画面全体を映す

・アプリの「Google Home」でマホやタブレット画面全体ごとキャストする(Android端末のみ対応)
・PCからWEBブラウザの「Googlechrome」をキャストする

iPhone と iPadで画面全体をキャストできるアプリ・ブラウザは今のところありません
Androidのスマホ・タブレットで見ている画面全体をテレビに映す

Google Homeのキャスト機能を使えば、Chromecast非対応アプリを画質は落ちますがキャストできます。
動画配信サービスだけでなく、WEBサイト・ゲームアプリもキャストできますよ。

Android端末を丸ごと表示する場合
chromecast-ミラーリング
@Google Homeを開いて、画面左上のメニューアイコンをタップ

A「画面や音声をキャスト」をタップ

スマホでWordやExcelといったMicrosofアプリを観ている時にキャストすればテレビ画面に映し出されるし、入力状況がリアルタイムに反映されます。

ただ、スマホでAmazon Prime Videoを再生してみた時は、テレビ画面が真っ黒になって音声しか聞こえなくなりました。

もしも「Prime Video以外の動画サイトを使う予定は無いな」という時は別の動画中継機であるFire TVがおすすめです。

PCのデスクトップ画面全体をテレビに映す

PC画面ごとキャストすれば、WEBサイトはもちろん、Word・Excelなどの会議に便利なものもテレビに表示させられます。入力状況もタイムラグ無しで反映されます。

画質は落ちますが、Amazon Prime Videoの視聴もできますよ。

@WEBブラウザChromeを開く
chromecast-PCキャスト@

A「デスクトップをキャストしています」をクリック
chromecast-PCキャストA

ここで「タグをキャストしています」を選ぶと、その時見ているタブだけが表示されます。後でタブを切り替えても反映されないし、WEBサイトしか見れなませんでした。

iPhone・iPadでは画面全体をテレビに映すことはできない

Google Homeの「画面や音声をキャスト」機能に対応していないので、iPhone・iPadでは画面全体をキャストすることはできません。 Chromecast対応アプリを起動して、キャストボタンをタップする方法ならChromecastを使えます。

例えば「Photo Cast for Chromecast」を使えば写真や動画をテレビに映せるし、「Smart Video Cast」を使えばChromecast非対応アプリであるニコニコ動画を視聴できたりします。

自分の目的に合ったアプリを探して使えば、iPhoneでもChromecastを楽しめますよ。

Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)の性能・使い勝手を比較

Chromecast UltraとChromecast(第2世代)の大きな違いは、高画質に対応しているかどうかです。
4K動画を観た時、どのように画質が変わるかということと、その時にどのくらい通信速度が必要なのかをレビューしてみました。

【レビュー環境】

Chromecast Ultra 第2世代(最新)
Chromecast 第2世代
ネット通信速度 無線(Wi-fi):9Mbps
有線(LAN):20Mbps
Biglobe速度診断にて測定
2K(フルハイビジョン)液晶テレビ シャープ アクオス 40インチ
LC-40H40
4K液晶テレビ シャープ アクオス 40インチ
LC-40U45

Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)の画質の違い

Chromecast Ultraは4K画質に対応していますが、4K対応のテレビと安定した通信速度が無ければ画質が下がった状態で再生されます。 Googleが推奨している通信速度は、25Mbps以上です。

4K動画以外を再生した場合もChromecast Ultraの画質はキレイ

同じ画質の番組を観た時、Chromecast Ultraの方が画質がキレイです。
暗い部分がつぶれることなく、はっきりと見ることができます。

chromecast-2K4K画質比較

持っているテレビの画質に関わらず、キレイな画質で動画を楽しみたいならChromecast Ultraがオススメです。

Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)の音質の違い

Chromecast UltraとChromecast(第2世代)が対応している音質はどちらも同じ「サラウンドサウンド」という音質です。

サラウンドサウンドとは映画館で観た時のように左右や後方からでも音が聞こえるような状態のことなのですが、家庭用テレビのスピーカーでは今のところに対応しきれていません。
Chromecastでサラウンドサウンドを楽しむためには、テレビにつなぐだけではなく、Bluetooth対応のスピーカーにつなぐ必要があります。

とはいえ、テレビで4K動画を観た感想としては画質も音質もChromecastを使った方が普段テレビ番組を観る時よりもぐっと迫力がありました。

Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)でゲームをした時の違い

ChromecastUltraとChromecast(第2世代)で同じゲームをすると、ChromecastUltraの方が操作に対する反応が速いです。
情報を処理する速度と、通信速度がChromecastUltraの方が優秀だからです。

特に通信速度は、有線LANで接続できるChromecast Ultraの方が安定しやすくゲームをするのに向いています。

Chromecastでよくあるトラブル・気になった点

Chromecastを使っていて気になったこと、困ったこともあります。
その原因や解決策についてレビューしていきますね。

ゲストモードで接続できない場合

ゲストモードがオンになっているのに、接続できないという時は、接続したいスマホのバージョンを確認しましょう。
ゲストモードに接続できるのは、Androidのスマホだけです。
Androidでも「Android 4.1」より古いスマホは対応していません。

Chromecast対応アプリをダウンロードしたのにキャストアイコンが表示されない場合

Chromecast対応アプリ一覧ページでダウンロードしたアプリを起動しても、アプリの画面右上にキャストアイコンが表示されない時があります。

色々なスマホを使ってみたり、口コミで調べたところ、どうやらキャストできる端末とできない端末があるようです。

例えば「Angry Birds Go!」というゲームをAndroid8でプレイしてみた時のことです。
このゲームに必要なのはAndroid4.1 以上なので、問題なくプレイできました。

ただ、試したスマホではChromecast非対応アプリ扱いらしく、スマホ画面ごとキャストする形でテレビ画面に映すことになりました。
スマホ画面ごとキャストする方法→Androidのスマホ・タブレットで見ている画面全体をテレビに映す

どんな端末ならキャストできるのか、できないのかを公式サイトから調べることはできなかったので、実際にダウンロードして確認するしかないようです。
口コミを見る限り、今回試した端末より古い端末でキャストできた場合もあるようで…基準がよく分かりません。
ちょっと不便なので、今後改善されるといいなと思っています。

Chromecast Ultra・Chromecast(第2世代)が必要な人・必要でない人

動画配信サービスを観るためにChromecastが必要な人、必要が無い人はどんな人でしょうか?
下で説明していきますね。

Chromecastが必要でない人

Chromecastの購入が必要でない人
  • スマートテレビのコンテンツで満足出来る人
  • 動画配信サービスを利用しない

Chromecastが無くても、スマートテレビがあればインターネットを通じて動画配信サービスを視聴したり、WEBサイトを閲覧・検索したりゲームを楽しんだりできます。

※(スマートテレビ:インターネットに接続できる機種のこと。Panasonic VIERA・SONY BRAVIO・SHARP AQUOS・TOSHIBA REGZAなどがある)

Chromecast が必要な人・あった方がいい人

Chromecastの購入が必要な人
  • プロジェクターを使った大画面で動画を視聴したい
  • 動画を出張先や旅行先でもテレビに映して楽しみたい
  • 手軽に少ない手順でスマホ・タブレット・PC画面をテレビ画面に表示させたい

Chromecastは、HDMI端子につないで設定するだけで使えます。

スマートテレビ(シャープ アクオス40インチ・LC-40U45の場合)は
「入力切替→使いたい機能の中からスマートテレビを選ぶ→使いたい動画配信サービスを選ぶ」
と起動までの手順が多く、時間も1〜2分かかります。

スマートテレビを持っていいる場合でも動画を観る分には動画中継機を買った方がストレスフリーになれます。

Chromecast UltraとChromecastどちらが必要?

・4K・HDR画質で動画を見たい
→ Chromecast Ultra

・有線LAN接続で通信速度を安定させたい
→ Chromecast Ultra

・動画再生までの待機時間を短くしたい
→ Chromecast Ultra

・より安い価格で動画をテレビで楽しみたい
→ Chromecast

Chromecast Ultraが必要な人

Chromecast Ultra:Googleストア販売価格・9,720 円(税込)

  • 4K(Ultra HD)・HDR画質テレビを持っていて、高画質の動画を楽しみたい
  • 有線LANでつないで、通信を安定させて動画を楽しみたい
  • 動画再生までの時間が短ければ短いほど良い
→ 価格より高画質・通信の安定を重視するなら、必要

Chromecast UltraはChromecast(第2世代)よりも高品質で使いやすく、高画質に対応しています。

Chromecast UltraはChromecast(第2世代)に比べて処理速度が速いし、有線LANにつなげるとより通信が安定します。 「Wi-Fiが安定しない」「ルーターを変えれば良くなるらしいけど、難しくてよく分からない」という人でも、直接LANケーブルでつないでしまえば通信がとぎれる心配がなくなります。

Chromecast(第2世代)を使っていると、動画を観る前に「再生までの時間が少し長いなあ」と思う時があったのですが、Chromecast Ultraは感じなかったです。 動画を観ようとすると出てくる「動画を読み込んでいます」の表示を見るのはもううんざり…なんて人も、Chromecast Ultraを選んでも損はないと思います。

Chromecast(第2世代)が必要な人

Chromecast(第2世代):Googleストア販売価格・4,980円(税込)

  • 最高画質がHD(1,080p)でも満足できる
  • 手軽な価格で動画LOVE SCENARIOを楽しみたい
→ 大画面での動画視聴をできるだけ安く楽しみたいなら、必要

Chromecast(第2世代)は動画を観たり、音楽を聴いたりするのには充分快適です。 Chromecast Ultraとの差は、最大画質がHDであることと、たまに処理が遅くなることです。 有線LANに対応していないので、Wi-Fi環境によっては処理が遅くなってしまうんです。

でも、Chromecast(第2世代)の販売価格は他の動画中継機の中でも安いので、手軽に大画面で動画を楽しみたい人ならオススメです。

Chromecastの価格・購入方法

Googleストアでは、Chromecast Ultraが税込9,720 円、Chromecast(第2世代)が税込4,980円で買えます。

ヨドバシカメラ.comやビックカメラ.comでも同じ値段(消費税分1〜2円差があります)で売っているので、ポイント還元分Googleストアより安くなる時があるので、おすすめです。

町のヨドバシカメラ、ビックカメラなどでも売っていますが、店によって在庫があったりなかったりすることに注意です。

chromecast-取り扱い店